MENU

ジャンルを決める前にする事

こんにちは、趣味で生きるをテーマに、ブログやYouTubeのやり方を語らさせて頂いてる、なぎです。

なぎちゃんのアシスタントの みなもです

はい、今日もご一緒に、趣味を生かしたブログやYouTube運営に欠かせない戦略の1つ、「ジャンルの選び方」について掘り下げていきましょう。

今回は、ジャンルを決める前にする事についてお話していきますね

ブログやYouTubeを運営していくのは、ジャンル選びとジャンルの統一をする大切さは、前の動画で教えてもらったからなんとなく理解したけど、ジャンルを選ぶ前になにかやることがあるの?

そうだね
いろいろ考えなくてはいけない事もあるけど、ブログやYouTubeはある程度のクオリティや投稿頻度を上げて行かないといけないといわれていまして、毎日投稿などが有利という考え方もあります。

ただ、ブログやYouTubeを始めたいと思っている方でも、どの程度の時間とコストをかけれるかは人それぞれですので、自分に無理なスタンスの運営していくと、長く運営していくことは、きつくなってしまいます。

確かに、動画1本作るのに何時間もかけてたら毎日投稿するなんて、ちょっときついかも。

この動画を、見ると、みなさんににあったどんなスタンスでブログやYouTube取り組んでいけばいいのか、解決していけると思います

私は

趣味を生かしたブログやYouTubeで、福沢さまにお会いできる機会を頂けるようになったので、これまでやってきた方法をシェアさせていこうと思いますので、興味ありましたら、チャンネル登録よろしくお願いします。

1分まで

本題の、ジャンルを決める前にする事について、それは、みなさん自身がどのくらいブログやYouTubeに取り組めるか?と言う事です。

それによって、取り組めるジャンルやスタイルがかわってくると思います

まずは、時間的な制約があります。

本業でやるのか、副業としてやるのか、趣味的にやるのか?でも、ブログや動画を作るための時間は限られます。
特に、チャンネルを作ったばかりのころは、ある程度、早いペースで投稿した方が良いとされているので、自分はどのくらい時間を使えるのかを把握しておくといいですね

確かに、毎日投稿は有利と言うお話を聴く事はあるけど、私の場合ブログや動画制作に当てられる時間は、最大でも2時間くらいだから、なかなか毎日投稿するのは難しいかも

スマホの普及で、ここ数年で爆発的にYouTubeを見る方も、動画の投稿できる環境の人も増えてきたから、企画や動画の質が高くなって来てるんだ。

前はそんなに質にこだわらなくても、ライバルの動画がなかったから再生されたりしたけど、2時間ですべての動画制作の作業を終えれる様な動画投稿しても、競争が激しくなってきているから、よほど企画が面白かったりしないと なかなか再生してもらうことは厳しいかもね

ぴえん

1日2時間使えるのであれば、2日に1本 製作時間4時間くらいの動画 か 3日日に1本 製作時間6時間くらいの動画を投稿できるジャンルと、スタイルを考えるといいかもね

そっか、時間は限られてるから、かけられる時間に合わせた戦略がもとめられるのね

再生数よりも、発表の場とだけと考えるなら、投稿ペースはあまり気にしなくても良いかもしれないけど、やっぱりせっかく作った動画を多くの人に見てもらいたい場合は、ある程度の投稿頻度はあった方がいいね

そうなると、動画制作時間もだけど、動画にするネタがある程度尽きない広さのジャンルも必要になってくるわね

また、旬な情報を扱う必要がある場合には、なるべくスムーズに投稿していかないと行かないので、旬なネタであっても何か事象が起こった日に投稿するのか、数日たってから投稿するのでは、結果に大きな違いが出来ます。

発売日の商品のレビューをしてみたことあったけど、少し動画の質を上げようとしてこだわった結果、投稿時間が後れを取ってしまってほとんど再生数が上がらなくなってしまったことがあったわ

最速投稿が、それだけで最強につながるわけではないけど、情報の鮮度が必要になってくるジャンルを扱うのは、それが出来る環境があるのか?っていう問題がありますね

コスト的な問題

私も、ゲームレビューやガジェット系のレビューのチャンネルをやろうとしたことがあったのですが、基本的にはレビュー対象にするものを入手しなければいけません。採算を考えると、レビューするために購入するのでは、これから参入されても広告収益だけを頼りに運営しようとすると正直厳しいです、

人気のジャンルだけあって、参入する人も多いから、ゲームレビューやガジェット系チャンネルを運営されている方の話をきくと
なかなか採算取れないって話だよね

一概には言えないけど、10000円の商品を買って、その動画が1本作れて、再生単価のが0.4円だとすると、25000再生でトントンと言うところかしら。

コレから参入する人が、いきなり25000再生取るのはなかなか厳しい戦いになるわね

そうだね おすすめに表示される様なチャンネルはほとんどが何万人もいる様なチャンネルが多いから、気づきにくいけど、YouTubeに投稿された動画で1000再生を超える動画は10%台と言われてるよ

ひぇー、じゅ10%台

レビューのために購入したモノではなく、すでにお持ちのゲームソフトや無料から遊べるソーシャルゲーム、化粧品や電化製品など深堀レビューしていくなら、運営していけなくはないね

なるほど、私は普段からいろいろな化粧品を使ったりするのが好きだから、購入したふだん使っているものの使用感を伝えたりできるね

また、レビュー系だと収益がYouTubeの動画内に入る広告以外にも入ってくる可能性があるから、やり方次第って事もあるんだけどね。

ある程度、コストをかけながら動画を作らないといけないジャンルは YouTubeの事が慣れてきてから、戦略的に取り組める様になってからででないと、費用はかけたけど収益が得られないないとかになってしまうのはつらいと思うので、最初はローコストなジャンルを選ぶ方が良いかもね

なるほど、費用が少なければ、少ない収益でもる黒字化は出来るって事か
ところで、広告収入以外の収益ってなに?

広告収入以外の収益については、別動画で詳しく語る予定なので、チャンネル登録して待っていただけると、嬉しいです

楽しみにしているわね

逆に言うと、コストがかかりまくる様なジャンルは、参入できる方も少ないので、まだまだやられていないチャンネルもすくないので、チャンスがあるかもよ

な、なんだってー、のりこまないと
どんなジャンルなの?

プレジャーボートやプライベートジェット所有者のルーティーンなんてどうかな?

む、無理です

瞬間的な需要を満たすのか 長期的な需要を満たすのか

Youtubeは基本的には、投稿したばかりの方が再生数が伸びる傾向があると言われていますが、さらにそこにトレンドになっているワードが絡んでくると伸びやすくなる傾向はありますね。逆に、トレンドが過ぎてしまうとあまり再生されなくなってしまう事もあります。
少ない時間を利用してYouTubeをやるのであれば、わたし的にはトレンドのワードを追うよりも、長期的なニーズがある知識を豊かにする教育系のジャンルや、何かの使い方を解説するハウツー系のジャンルをやった方が安定して再生数をされ続けるられますし、YouTubeの戦略上も良いと思います。

最新のニュースの様な情報を扱って瞬間的な爆発的な再生数を狙うのか 
教育系やハウツー的な資産性のある情報を扱うのかでも、取り組み方に違いが出るんだね

ところで、Youtubeの戦略ってなーに?

Youtubeの戦略は、YouTubeがどんな動画をおススメしてくるかってシステムの事で、アルゴリズムって言われてるんだけどアルゴリズムに関しては別の動画で詳しく語っていますので、良かったら見てもらえたら嬉しいです。

楽しみにしているね

再生数をメインと考えるのか、ニーズにリーチするするのか

再生数が上がればチャンネル登録者数が増えるというものは、必ずイコールにはなりません

え、そうなの?再生数が伸びれば、チャンネル登録してくれる人も増えるのかと思った

間違いではないんだけど、それだと半分正解かな。
人の役に立つような動画だとその傾向があるんだけど、炎上系や批判系、テレビや映画などの転載系の動画はあまりチャンネル登録者は伸びないと言う事があるね

確かに、あんまりチャンネル登録したくないかも…

ちょっと極端な例だけど、チャンネル登録者は、直接は収益とは関わってこなくて、収益に関わるのは再生数の方なので、収益化条件を達成してしまえば、あとは再生数しか追わないという戦略もあるわね

なるほど~ 収益だけ考えたら再生数だけ追うって戦略もあるのか

これで、危ない事をしちゃったり、炎上するようなことをあえて、言ったりやったりする人もいたので、だんだにYouTubeの規約も厳しくなっているので、気を付けてくださいね

再生数に特化させるやり方は、炎上や批判などのネガティブなやり方だけではないので、考え方としては、収益性を考えると、再生数に特化して動画を出していくっていうアイディアは1つの戦略ではありますね

クリエイト活動や、ゲームなどの発信の場にしたいのか?お仕事の一環とした活動をしていきたいのか?

収益をそんなに目的にしていない場合

私は、動画を作るのに時間もコストもかけているので、正直なところ収益は趣味の活動をする資金にもなれば、モチベーションにもつながるので、ありがたく収益化させて頂いてますが、

人によっては、満足できるものを作って世に出せれば良い 見て頂けるだけで満足という人もいるし、
収益よりもクオリティメインにされている方もいらっしゃいますね。

また、自分のお仕事や知名度アップにつなげたいなどの目的でYouTubeをされている方もいますね

同じYoutubeをされている方でも取り組み方はいろいろなんだね

本日のまとめと、おまけ話ですが

単にブログやYouTubeと言っても、取り組み方も 目的も 変わりますし、取り組める時間や かけられるコストも人それぞれです。
自分のライフスタイルから離れすぎたジャンルを選んでしまうと、運営していくだけできつくなってしまうと思います。

ブログやYouTube運営は基本的には長期戦で取り組んでいかなくてはならないので、どのジャンルの どんな方に見てほしいのか絞るのも大切ですが、あなた自身が無理なく長く取り組みやすいジャンルやスタイルを選ぶのも大切かと思います

私は、どちらかと言うと、クリエイト活動や覚えた事を人に伝えるのが好きですし、コツコツ安定的に成長させていく事が、リアルのお仕事でも、ブログでもYouTubeでも好きかな。

人気ブログ参加中です(*’▽’)

<スポンサーリンク>

目次
閉じる